Akit Physical Therapy Association

理学療法士とは

理学療法を専門的に行っているのが、理学療法士です。障害をもった人への自立に向けたお手伝い、「生活の質」の向上を援助しています。
理学療法士は、大学や短期大学、専修学校で理学療法を専門的に学び、国家試験に合格して誕生します。

理学療法士とは

理学療法士になるためには

理学療法士になるためには高校卒業後、四年制大学や三年制短期大学・各種専門学校(3年制・4年制)で必要な知識と技術を身につけ卒業し、厚生労働省による国家試験に合格することが必要です。

大学・各種専門学校では、
●一般教養(英語、数学、保健体育学、心理学、統計学、哲学など)、
●基礎医学(解剖学、生理学、運動学など)、
●専門医学(運動療法、物理療法、日常生活活動、義肢・装具学など)
を学ぶ他、病院や関連施設で臨床実習なども行います。

理学療法士の国家資格取得後、病院・関連施設に就職する他に、より専門的な知識を身に付けるため、また研究職をめざす場合などは大学院もあります。(修士課程・博士課程)

理学療法士養成校一覧(日本理学療法士協会ホームページ)

理学療法士の働く場

理学療法士になると、病院や介護施設、教育現場などさまざまな現場で働くようになります。

理学療法士の働く場

ページのトップへ戻る